本文へ移動
トップページ若年認知症 陽溜まりの会
若年認知症


陽溜まりの会西部  活動報告
2020年9月26日(土) 第201回 廿日市市あいプラザ


            
 
  ~体位移動について~   
   
 今回は作業療法士の方2名の参加がありました。前回、寝ている時に体位移動(変換)が難しいとの家族の話があったので、今回実際に体験を交えて教えていただく時間を持ちました。
 また、今回参加も方は一緒に過ごす中で左の方に関心が向いているようなので、①ご本人の左側からアプローチをしたら良い ②ご本人が動くきっかけ(スイッチ)みつけると良い などのアドバイスをいただきました。
 今まで、ご本人の笑顔が見られてゆったりした時間が持てたら、とだけ考えていましたが、さすがに専門職の方の目の付け所は違うと感心し、勉強になりました。これからもよろしくお願いします。
                                        サポーター
 
        
  2020年11月28日(土)
   第203回 廿日市市あいプラザ 
 
 午前中は、皆さんからの近況報告。午後は介護者・本人様と分かれ、カラオケをします。先月まで体調悪いのか眠ってばかりの人が、知っている歌に なるとハミングを始められ、一同拍手です。今後も皆様の笑顔と協力に支えられ、作業療法士さんと共に楽しい会でオアシスになるようにしたいものです。                                        サポーター
・会の先輩から、拘縮に鍼灸の効果ありと聞き、週2回施工中。先輩からのアドバイスは参考になります。効果がありますように。
・コロナ禍の中、感染対策をしての会合で、皆様とお会い出来る機会を楽しみにしています。準備や運営をありがとうございます。
・月1の集まりですが、規則正しい生活の一助になっています。また、様々な情報が得られるのが役立っています。

         
                                          

 

陽溜まりの会広島・活動報告
      広島  若年期認知症の人と家族のつどい

    2020年11月14日(土) 第136回 
   ~落ち葉やドングリで芸術作品を~  

            

        「陽溜まりの会」に参加して 臼井 康弘     広重 三奈子
 「陽溜まりの会・平和講演の散策」に参加させていただきました。爽やかな秋晴れの中、総勢17名が平和公園に集合し、紅葉の木々が美しい公園の散策へ出発しました・
 散策の思い出としれ、「草木アート作り」を企画し、散策の際には作品に使う草木を集めていただきました。
 出発時は、大きな段差や不安定な地面など、普段と異なる環境に緊張した表情をされていた方も、拾った物をお互いに見比べたり、木の実がある場所を教えあったりする賑やかな雰囲気に、次第に笑顔と鼻歌が出るようになり、散策を楽しんでおられるように感じました。集まった物は、紅葉した葉や枝以外にも、木の実や鳥の羽、蜂の古巣まで!皆さんの素晴らしいセンスに感心しました。
 さて、完成した作品の感想hさいかがでしたでしょうか・普段と異なる環境や活動でとても大きな学びの機会となりました。ありがとうございました。

  <参加者からの感想>
・天気も良く、落ち葉やどんぐり、鳥の羽等拾いながら散策できて良かったです。外で食べる弁当はいつもよりおいしく感じました。作品作りもそれぞれ色んな特色があり良かったです。

・お天気も良く、気持ちよく散策ができました。子供の様に落ち葉やドングリ等をを拾い集め楽しい一時でした。作品も皆個性が出て、こっちが素晴らしいとか、ダイナミックとか言いあい、あっといい間に時が過ぎました。お世話して下さった皆様ありがとうございました。参加出来なかった主人に見せたいと思います。

・今日は天気も良く、外での食事もとてもおいしく感じました。毎回ですが皆さんと会えて話が出来る事が嬉しいです。主人と一緒に散歩できたらいいだろうなと思いました。皆と作ったプレートも家に飾ろうと思います。


       広島  若年期認知症の人と家族のつどい

         2020年12月12日(土) 第137回 
               ~コロナの中のクリスマス~
<参加者の声>
 ・コロナ感染予防の為、クリスマスケーキ作りが中止になり、残念でしたが、毎月一回集まって日頃の常態を話すのは楽しみの一つです。一年を振り返って思い出やコロナ感染で施設が閉鎖になった時の事、悩んでいる事等、会員の皆さんと話をする事がストレス解消になります。この一年、役員、お世話係の方々には大変力になって頂きありがとうございました。来年もよろしくお願い致します。

・毎月一回の家族の会を楽しみにしています。リース作りは中止になりましたが、皆さんと会えて話が出来る事に感謝しています。美味しいケーキも用意して下さり、ありがとうございます。来年はコロナも治まり、色々な行事が再開出来る事を祈ります。

・今回の陽溜まりはもともと餅つきの予定でしたが、コロナ禍のため中止になり、豪華なケーキを食べて近況報告をしました。久し振りに会った方とも話が出来ただけでも良かったです。これ以上コロナが増えないことを願うばかりです。

・久し振りに皆さんとお会いして、近況報告等の情報交換ができて意義ある会になったと思います。特に家内の入院費用の面で、頭を悩ましていたのが、「現在支払っている入院、障害保険の保険会社に確認した方がいい」などとアドバイスをいただいたことが非常にありがたかった。
 

         
 


   陽 溜 ま り の 会 東 部 ・活 動 報 告
   東部 若年期認知症の人と家族のつどい  
   

 2020年10月3日 第84回 11:00~16:00 福山すこやかセンター  
 新たに2組の方がご参加くださいました。1組は、子育て真っ最中の娘さんとそのお母様。もう1組は、ほぼ子育てを終えられたご夫婦。
 午後、ご本人はサポーターと共にウオーキングへ出発。午前中、話題に上がった人気のパン屋さんまで足を延ばし、なんと8,000歩も歩いたとか。帰ってからは、お手玉の得意なサポーターのパフォーマンスを見ながら、ゆっくりとお茶をいただきました。
 ご家族グループは、主に初参加の方のお話を伺いましたが、子育てをしながら親御さんの介護をされる30代の娘さんお二人に、アドバイスと共に賛辞が贈られました。また、逆に、お二人から元気をいただきました。
<参加者の感想>
・今日はありがとうございました。本で読んだりするより、経験者の話を聞く方が、よく分かって良かったです。何事も、過ぎてみれば何ともないことでも、悩んでいる時は、「なんで私だけがこんあ試練を受けるのか」と思ってしまうけど、色んな人と話すことによって、自分だけじゃあないんだと思いました。参加して良かったです。です。

・初めて参加したけど楽しかった。美味しいパン屋さんがあるというので、散歩がてらサポーターの人と行って運動した。また、来たいと思った。

・コロナで不安なことや思っている事を少し話せてスッキリしました。早く、色々と良くなったらいいですね。こういう場があることがありがたいです。

・他のご家族の経験されたお話をお聞きできて良かったです。普段、介護されている方とお話する機会があまりないので、自分のしていることなど、聞いてもらえてスッキリしました。「頑張っているね!」と言ってもらえてうれしかったです。
                                  サポーター
            
                               

       東部 若年期認知症の人と家族のつどい
 
 
2020年11月7日(土) 第85回  11:00~16:00 福山すこやかセンター
 午前中は、「クリスマス会で。何かしたいことは?」と、ご本人のご意向を確認しながら、作業療法士さんにもアドバイスいただき、次回の活動内容を決めました。
 昼食後、作業療法士さんが、「朝晩寒くなりましたね。太ももを「こすると、血流がよくなって良いんですよ」と、ご本人に話しかけながら、太ももの前側をこすっておられwると・・・「へぇ~!」と、いつの間にか、全員が輪になり、ストレッチ教室の始まり。「毎回、お願いします!」とのリクエストもありました。
 その後、ご本人は、サポーターと共に、大好きなソフトクリームを食べるため、『ゆめタウン』へ。クリスマス会の材料の下見もされ、目をキラキラさせておられました。     サポーター

<参加者の感想>
・ソフトクリームが美味しかった。『ダイソー』に、あんなに可愛いものがあるなんで・・・クリスマス会が楽しみ。

・久し振りに参加させていただきました。コロナウイルス対策を行いながらの準備、運営、ありがとうございます。皆さまの笑顔を見られ、楽しい時間を過ごさせていただきました。次月の計画も楽しみです。

・私自身も楽しく買い物に行かせていただきました。コロナ禍で、色々な計画の立案が難しいですが、前向きに、何らかの活動ができれば良いかな、と思いました。              

               


陽 溜 ま り の 会 北 部 ・活 動 報 告

     北部 若年期認知症の人と家族のつどい 
 10月21日 第35回 11:00~16:00  三次市十日市コミュニティーセンター 

        

                             
 卓球で汗を流す
  8月のお盆、9月の台風襲来で休会したため、今月は久し振りの陽溜まりの会北部となりました。今回は最近体を動かすメニューを取り入れていなかった事の経緯を踏まえて、会場のホールを使える事を事前にキャッチしていたため、広いホールで体を動かすスポーツをしようと皆さんに予告していたため、体を動かす事が難しい1組の不参加があり、3組のこじんまりした陽溜まりの会になりました。
定刻11時、いつものメンバーに広島より村上利雄さんの参加もあり、12名で久し振りの再会に近況報告と雑談に花を咲かせた後、楽しい昼食後、いつも飛び入り参加の、ぶどー薬局箕塚さんの本格コーヒーを御馳走になり雑談の後、全員ホールに移動し、卓球で汗を流しました。
 最初は久し振りの体を動かす運動であり、空振りあり、ホームランありとプレーになりませんでしたが少しずつ勘を取り戻し、ラリーも続くようになり、20ポイント先取り勝ちの試合を始めました。最初はピンポンをラケットに当てるのが精一杯の珍プレーが続出でしたが慣れるにつれてラリーが続くようになり、だんだんと皆さん本気になり2時間、気持ち良い汗を流しました。
 日頃は全身を使って体を動かす事が少ない皆さん、心身のリフレッシュになりました。次回の卓球はもっと楽しく、もっと沢山時間を取って賞品付きでたのしみましょう。 
                          サポーター

  
2017年12月19日 第36回 11:00~16:00  
 三次市十日市コミュニティーセンター
 

 クリスマス会
 12月19日(土) “陽溜まりの会北部”を開催しました。
 今回はクリスマスを目の前に控えての今年最後の“陽溜まりの会”で盛大に開催する予定でいましたが、年末という忙しい時期とも相重なり、3組のご家族と8名サポーター参加の、小じんまりとしました 陽溜まりの会 とまりました。
 回の始めは持ち寄りのプレゼント交換を空籤なしのアミダくじ、景品はお菓子あり、プレミアム付きの飾り物あり、実用品ありと、バラエティーに富んだ景品に全員が盛り上がった後、めいめいが思いを込めて、折紙サンタのクリスマスカードを作りました。
 手先の器用さを要する時は何時も能力を発揮される〝kさん”の技術には、先生役の宇野さんも感心する出来栄え、この“陽溜まりの会”のレベルの高さにサポーターも驚くばかり。
昼食をとりながらの、おしゃべりも終わり、今回はカラオケ、各種ゲームも用意していましたが、たまたま当日ホールの利用者がなく、急遽、卓球をする事となり、2台を用意して全員で卓球に興じました。
 最初は1球打つごとに途切れ、様にならない卓球でしたが、時間が経つとともに、ラリーが続くようになり、代わってくださいというのも気兼ねをする状態にまで上達。皆が熱中、大変盛り上がりました。
 北部は、冬の間は屋外の活動には厳しい季節を迎えており、最後の締めくくりの席で、皆さんの希望を確かめたところ、次回はなんとダンスホールを使ったダンスを使用ということになり、当日の内にホールを予約しました。
 1月の陽溜まりの会北部は第4土曜日開催となりますが、北部以外の陽溜まりの会の皆さん、我こそはと思う方は是非顔を見せ盛り上がってみませんか。 サポーター

     




        陽溜まりカフェ・活動報告  
      ~若年期認知症の人と家族のつどい~ 
 “陽溜まりカフェ”(認知症カフェ) 広島市補助事業
       場所  広島県健康福祉センター 1階 地域交流カフェ
      日時  毎月第4土曜日 午前11時~15時30分


         ご都合の良い時間にお越しください
    ※午後は、講師をお呼びしてミュージックタイム (13:00~14:00)
           理学療法士による「ゆっくりラジオ体操」
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

     

              2020年7月25日 第32回  
   ~4ヶ月振りに開催~
 新型コロナウイルス感染拡大のため、3月から中止しておりましたが、7月から制限付きではありますが、会場が使用できるようになりました。当日は、9人の参加者で、全員マスク着用、2ヶ所のドアを開放し、アルコール消毒、除菌ウエットティッシュをフル活用し、細心の注意を払いながらの再開です。長い間お会い出来なかった方も参加されて、先ずは近況報告から始まりました。
 午前中は、ネズミのペーパークラフトを作成しました。3月に山口県支部との交流会の時に、「広島の認知症カフェで作ってくださいね」と頂いた物です。皆さんが作ったネズミを並べて早速写真に。
 午後からは、軽い脳の体操です。県内の市町村を皆で当てるクイズをしました。
 最後に、コロナウイルスの話で、最近は緊張感の緩みが目立つようで、やはり怖いです。
 そうは言っても皆さんと出会っておしゃべりするのがいいですね。    サポーター
    

     2020年11月28日(土)   第46回
     ~カタイ頭をときほぐす~
 コロナ禍の影響で、おやつ、お茶の出し方が変わってきています。コーヒーメーカーで沸かしていた美味しいコーヒーはペットボトルの茶に、バラエティーに富んでいた詰め合わせのお菓子袋は大きいのが一つになりました。出来るだけ人が触らないように配慮をしているのですが、少し味気ないような気がします。
 今回は温かい飲み物が欲しいちう事で、隣のスペースにある自販機で、各自がボタンを押して好きな飲み物を選ぶという形をとりました。
 ホッと一息したところで、頭の体操に取り組みました。まずは分かりやすい12月のクイズでウオーミングアップ。続いてカタカナが16並べてある用紙を見て、14の県名さがしです。みんな順番に答えていき、かなり盛り上がりました。次に、漢字道場で、くさかんむりや木へんの付く漢字の読みや国名の読みに挑戦しました。難しい国名は正解を言って、みんなで覚える事にしました。「久し振りに頭を使った」「これを続ければ何とかなるのかな」という声がありましたが、さて効果は?
 どれだけ出来るのかではなく、その過程を楽しむ事が大事かなと思います。 サポーター
 

      
   
ページトップへ
     
      
 



































































































































































































































































































































































































































































































                 copyright(c)2008 Hiroshima Chapter/Alzheimer's Association Japan All Rights Reserved.