本文へ移動
支部の紹介


概要と活動


 概要について
主な活動

つどい(定例会)
2ヶ月に一回、地区家族の会に出向き、介護している家族が本音で話し合える場を作っています。県内地区家族の会のブロック単位で、世話人会の中での話し合いにより、年次計画で実施しています。
広報 家族だより
  ぽ~れぽ~れ
 
年6回、奇数月に発行。現在発行部数は1,000部。県内外の会員約500部、行政・関係団体等に500部配布しています。
相談受付
(1)電話相談(メールでの相談も受付)
   広島市認知症コールセンター
   広島県地域包括ケア推進センター相談
(2)来所相談
(3)訪問相談

事業

託老「いこいの家」
介護者の安息と認知症のお年寄りの社会参加を促すために、県家族の会の介護経験者による託老事業を開設しています。
若年認知症 
「陽溜まりの会西部」「陽溜まりの会広島」「陽溜まりの会東部」、「陽溜まりの会北部」また、「陽溜まりの会」の卒業介護者の会「木もれびの会」を運営しています。
その他
アンケート調査等の事業を随時実施
・「介護者の""思い”と”願い”を聞く調査」平成18年1月
 (独立行政法人福祉医療機構助成金にて実施)
・平成20年度、独立行政法人福祉医療機構の長寿・子育て・ 障害者基金「特別分」の助成を受け、「若年期認知症のネ ットワークづくりと陽溜まり運動の推進事業」に取り組む。「 若年期認知症の人と家族のサポートブック」と中高生向け の『若年期認知症』って?のパンフレットを作成し配布する
・各種セミナー企画開催
・平成23年6月、広島県支部の「家族の会」30年のあゆみを  発行
・平成28年6月、に広島県支部の「家族の会」35年のあゆみ を発行

啓発活動
講演会活動
関連映画上映などイベント実施
マスコミとの取り組み



 活動報告
2018年5月
2日  帳簿整理勉強会(畑山氏来所)
7日  認知症コールセンター報告書提出・総会資料を発送
8日  共同募金受領書の提出
9日  世話人会レジメ印刷
11日  世話人会(広島市総合福祉センター)
12日  陽溜まりの会広島(マリーナホップ広島)
13日
 支部会報作成・第37回大会資料準備
15日  中国新聞社へ記事の依頼・中国新聞記者来所
16日  支部会報作成
19日  木もれびの会
20日  支部会報作成・畑山氏来所
21日  支部会報印刷依頼
23日  堀田事務局長と大会の打合せ
  24日    県社協運営適正化委員会に出席
 25日    支部会報発送
 26日    陽溜まりの会西部・陽溜まりカフェ
 29日    エーザイの西原氏来所
 30日    第37回大会のレジメ資料印刷依頼
 31日   広島県社会福祉士ルームの委員会に出席
 
 5月の認知症コールセンター・電話相談日
 2日・7日・9日・14日・16日・21日・23日・28日・30日
    5月の認知症相談日(県地域包括ケア推進センター相談)
 1日・8日・15日・22日・29日

2018年6月
1  第37回家族の会大会の最終確認
2  第37回家族の会大会 講師 新井 平伊医師
 シンポジスト  高見 国生氏・北森 盛子氏・岡田 眞理氏・村上 敬子
 早川 一光先生死去
4日  県・市・県議会・市議会へ大会のお礼で、ご挨拶に
5日  市社協へご挨拶に・早川先生死去の連絡を世話人へ
6日  第37回家族の会大会の講師などへお礼文を発送
8日  第37回家族の会大会後援団体へお礼、報告書を発送
9・10日  2018年度本部総会(京都)へ⑦名が出席
15日  キャノンの展示会へ参加
16日  木もれびの会・支部会報作成
 生活支援サポーター養成講座 講師 村上 敬子
17日  支部会報作成
20日  オレンジリング・イベントについて県と打合せ
 21日   地域包括ケア主催のオレンジ交流会(東広島市)へ 講師 堀 氏
 22日  支部会報印刷依頼 ・広島市社協評議員会へ出席
 23日   陽溜まりの会西部・陽溜まりカフェ
 出前定例講演会・三原地区30周年記念講演会 
   講師 片江 敏之氏  ・体験談 三吉 礼子氏
 27日   支部会報発送
 広島健康福祉センター入居団体意見交換会へ出席
 28日   広島県庁へオレンジリング・イベントの資料を提出
   
   
 6月の認知症コールセンター・電話相談日
 4日・6日・11日・13日・18日・20日・25日・27日
 6月の認知症相談日(県地域包括ケア推進センター相談)
 5日・12日・19日・26日